カイ・ボイスン

母国デンマークではもちろん、いまや世界中でその作品が親しまれているカイ・ボイスン(1886-1958)。1910年に銀細工師としてキャリアをスタートし、戦時状況下で供給が困難だった銀の代わりに、当時は珍しかったステンレス製のカトラリーを生み出しました。この作品はミラノの国際的なコンテストで最優秀賞を3年連続で受賞し、いまもデンマーク王室御用達に認定されています。

カイ・ボイスンの才能は金属だけにとどまらず、1930年代から製作を開始した木製オブジェの数々は、彼のもう一つの顔となりました。環境に配慮した木材を使用し、手に取った時の心地よさを重視して作られており、1951年に発表されたモンキーをはじめ、笑みがこぼれるような動物たちのオブジェは世界中の人々に親しまれています。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

8商品中 1-8商品